現在の日本の介護問題とは

介護施設が不足している

a0003_001451
現在は日本は高齢化社会により、お年寄りがどんどん増えてきており、これからも当分の間はお年寄りが増えていくと予想されています。
そうなると介護を必要とするお年寄りも増えていき、また介護施設を必要とする方も増えていきます。
しかし現状の日本としては、介護施設は不足しているます。

介護施設は全国にどんどん建てられており、増えてはいます。
しかし介護施設を必要とする高齢者は、生活の大半を介護してもらうような方が多く、手厚い介護を必要とします。
そのような手厚い介護を出来るような介護施設は、日本では不足しているのです。

介護施設が作られておらず、十分に供給されていないという問題だけではありません。
そこで働く介護士も不足しています。
これは介護士の働く環境が悪く重労働であるにもかかわらず、給料は安いというのも人手不足を助長しています。
またこの介護士不足を外国人労働者で補おうという動きもありますが、やはり外国人でも薄給で長期間重労働をさせられる環境では、仕事を始めてもすぐに辞める方が多いです。
介護施設で働く介護士の環境を改善しないとこの問題はいつまでも改善されません。

介護保険の不足

もう一つの問題として介護保険の不足があります。
これは介護保険料が不足しているのではなく、介護保険を支払う人が不足しています。
今は日本では3人に1人の高齢者を支えており、その3人の介護保険料が高齢者に使われます。
しかし将来的には1人で1人支えるようになり、こうなると完全に介護保険料が不足します。

高齢者が増えるので医療費が増えていくのも問題です。
これは確実に増えていくようになり、日本政府は少しでも医療費を減らそうと、安い値段のジェネリック医薬品を使うように推奨しています。
このような努力をして、少しでも医療費を減らそうとしているのです。

しかし、医療費はそのような対策だけではもちろん十分に減っていくことはなく、増える高齢者によって医療費はどんどん圧迫されます。
そこで将来的に行われるであろうことは、高齢者の医療負担額の増額です。
現在は高齢者は医療費の総額のうちの1割負担となっていますが、いずれこの割合がさらに増えることとなり、そうなると高齢者の生活を圧迫します。

このようにして現在は介護を取り巻く状況は悪くなっています。
その根本にあるのが、高齢者が増えていくことと、その介護をする環境が悪いことであり、介護正接での介護士の人手不足もあり、どれもすぐには改善できない大きな問題です。
また介護をする場合として、大きな負担を背負うのは高齢者のその家族であり、家族にばかり負担が増えており、介護保険が十分に機能していないのも現状です。